法人カードとは

法人クレジットカード.com

法人カードとは企業や個人事業主などの法人向けに発行されているクレジットカードで、別名ビジネスカード、コーポレートカードとも呼ばれています。

法人クレジットカードTOP > 法人カードとは

法人カードはどんなカード?

法人カードとは、企業や個人事業主などの、いわゆる『法人』向けに提供されるクレジットカードです。

法人カードとは総称で、一般的には、中小企業向けはビジネスカード、大企業向けはコーポレートカードと呼ばれることもあります。

個人カードとは異なり、会社が社員に対して経費の精算用として渡すことが多く、経理事務の合理化や資産運用の効率化などを目的としています。

そのため、社員は法人カードで出張費や交際費、消耗品の支払いなど、すべての経費の精算を行います。

こうすることで、会社側は明細を見ただけでいつ、誰が、どんな経費にどれだけ使ったのか把握しやすくなり、経理事務がスムーズになったり、経費の見直しなどを手軽に行うことができるようになります。

カードの性質上、法人カードは社員が多ければ多いほどメリットが高く、使い勝手のよいクレジットカードと言うことができます。

法人カードの発行

法人カードはトータルでの利用額が大きいことに加え、企業の倒産というリスクを抱えていることから、個人カードより発行条件が厳しくなっています。

発行条件はカード会社によって異なりますが、原則として、3年以上の経営歴を持ち、なおかつ現在の経営状態が黒字であることが前提となっています。

ただし、例外として、企業としてすでに一定以上のクレジットカード決済歴がある場合や、クレジットカード会社と懇意にしている場合などは、経営歴3年以下でも法人カードを発行してもらえる場合があるようです。

個人カードとの違い

個人カードと法人カードは、基本的な使い方は変わりません。

しかし、一方で個人カードにはほとんど付与されるポイントが、法人カードにはつかない場合もあります。

また、法人カードはあくまでビジネス用のカードなので、一部のカード利用に制限が設けられていることもあるようです。

もちろん、すべての法人カードがそうとは限らないので、法人カードを作成する際は、いろいろなカードを比較検討し、最も使い勝手の良い法人カードを選ぶことをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ドル両替.com All Rights Reserved.