法人カードの導入例

法人クレジットカード.com

法人カードを実際に導入した中小企業と大企業のケースをそれぞれ紹介します。

法人クレジットカードTOP > 法人カードの導入例

中小企業A社のケース

導入前:私用も経費も個人カードで決済。後の経費管理が複雑に。

法人カードを導入する前は会社の接待や移動費など、必要経費を自分自身の個人カードで決済。

しかし、同時に私用にも使っていたので、カード会社から送付されてくる明細書を見ても、どれが経費でどれが私用か判別しにくく、ひとつひとつ確認しながら公用と私用を振り分ける作業から始めなければなりませんでした。

また、私用と公用を一緒にしてしまうと、カード利用限度額がギリギリになってしまうこともしばしばありました。

導入後:公私の区別がつけられるようになり、余計な手間が省けた。

法人カードを導入後は、私用は個人カード、経費は法人カードと区別して使い分けられるようになったため、その後の振り分け作用が不要に。

使途不明金を出して結局は個人負担、ということもなくなりました。

さらに、いつどこでどんなことに使ったのかが明細書に詳しく記載されるので、経費管理もとても楽になりました。

大企業C社のケース

導入前:必要経費の支払いはその都度仮払い申請や立て替え払いが必要。申請から出金・振り込みまでの作業が煩雑。

出張がある場合、社員は出張にかかる移動費や宿泊費などの仮払いの申請を事前に行う必要がありました。

その後、申請は直属の上司が受理。申請の処理を行った後、今度は総務や経理に回されます。

申請を受けた総務・経理は過払い申請を受けて出金・振り込み作業を行い、ここでようやく仮払い申請の一連の作業が終わります。

出張後に過不足金が発生した場合は、再び上記の作業を繰り返さねばならず、社員・上司・総務・経理ともに負担が大きくなっていました。

導入後:経費の支払いをキャッシュレス化することにより、煩雑な作業が不要に。

社員は法人カードで出張の経費を精算。仮払い申請や立て替え払いの必要がなく、経費をカードで支払った旨を上司に報告するだけなので、一連の申請作業がスムーズに。

報告を受けた上司は利用内容を確認・承認し、総務や経理に承認申請をするだけ。精算処理はまとめて法人カードの支払い口座に必要な金額を振り込めばいいので、とても簡単になりました。

経費利用のプロセスがキャッシュレスで簡略化されたことで、全員の仕事の効率が上がりました。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ドル両替.com All Rights Reserved.