法人カードの年会費

法人クレジットカード.com

法人カードはその種類によってかかる年会費が異なります。

法人クレジットカードTOP > 年会費

法人カードの年会費はどのくらい?

法人カードはカードの性質上、名の知れた大企業が利用するものというイメージがありますが、実際には零細企業や中小企業も利用するため、カードの機能やサービスも企業のグレードに合わせて多種多様に存在します。

そのため、法人カードにかかる年会費もピンキリで、安いものなら1,000円台、高いものなら3万円近くするものまであります。

年会費を安く押さえられればそれに越したことはありませんが、年会費の高いカードにはそれなりの機能とサービスが付帯されています。

よって、自社が法人カードに求める最も重要な要素は何かを把握し、身の丈に合った法人カードを作成するのがベストな方法と言えるでしょう。

以下、主要な法人カードの年会費をまとめてみました。法人カード選びの参考にしてみてください。

カードの種類
年会費
備考
ダイナースクラブカード(ビジネス・アカウントカード)
17,850円
個人カード年会費15,750円+ビジネス・アカウントカード年会費2,100円
三井住友VISAゴールド法人カード
10,500円
法人のみ。個人事業主や中小企業の場合、三井住友VISAビジネスカード マーチャントメンバーズクラブが対象。使用者1名につき1,312円、2名以降は1名につき420円
JCBゴールド法人カード
10,500円
ETCスルーカード使用でETCの法人カード払いも可能

年会費無料の法人カード

上記では年会費が優良な法人カードの一例を挙げましたが、中には年会費無料の法人カードも存在します。

たとえば、ライフカードが発行する『ライフカードコーポレート』は、最大で500万円の利用枠を確保可能という機能性を持ちながら、年会費は永年無料となっています。

カードブランドはMasterCardなので、国内外問わず利便性もばっちり。さらに、ETCカードも年会費無料で作成することができます。

他には、NTTファイナンスが提供する『NTTグループカード(法人用)』も、年会費は永年無料となっています。

ドコモの携帯電話料金やOCNの利用料金がお得になるなど、企業としても嬉しい要素が充実しています。

他にも、ENEOSや出光などのガソリンスタンド系列から発行されている『ENEOS BUSINESS』や『出光法人専用カード』などがあります。

いずれも社用車を利用する際に便利なカードですが、VISAやJCB、MasterCardなどとは提携していないので、クレジットカードとしての利便性はほとんど見込めないという欠点があります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ドル両替.com All Rights Reserved.