法人カードの審査基準

法人クレジットカード.com

法人カードは一個人に発行される個人カードとは異なり、カード発行の審査基準が厳しくなっています。

法人クレジットカードTOP > 審査基準

法人カードの審査基準は厳格

法人カードの審査基準

個人カードの場合は、ゴールドカード以上でない限り、審査基準は比較的緩やかなものがほとんどです。

しかし法人カードは、ゴールドカード以外でも審査基準が厳しく、そう簡単には入手できないカードとなっています。

審査基準が厳格である理由は2つ。社員に配られる法人カード(子カード)が複数存在するぶん、トータルでの利用額が非常に大きいこと。そして、企業ならではの『倒産』というリスクが存在することです。

そのため、カード会社側も法人カード発行には慎重にならざるを得ず、結果、個人カードよりハードルの高い審査基準を設けているのです。

では、法人カードを作るには、企業としてどれだけのステータスを持っていなければならないのでしょうか。

原則は3年以上の黒字経営

法人カード発行の審査基準はカード会社によってそれぞれ異なります。

審査基準については、明確に公示しているカード会社がほとんどないため、はっきり断定することはできません。

ただ、法人カードを発行した企業の統計から判断すると、原則とし3年以上の経営歴と現在の経営状態が黒字であることが基本条件となっているようです。

そのため、会社設立後まだ間もない零細企業や中小企業の場合、通常の法人カードの取得は困難であると言えるでしょう。

審査基準外でも法人カードを取得できる方法

では、会社設立から3年以内の企業は、どれだけ経営状況が良好でも法人カードを取得することができないのかと言うと、一概にそうとは言えません。

経営者のこれまでの経歴や、企業としての実績が形として残っている場合、審査基準外でも法人カードを発行してもらえる場合があります。

たとえば、経営者の信用が高く、クレジットカードの決済歴も優秀である場合、個人を通しての企業を信頼するという意味で法人カードを発行するケースもあります。

他にも、銀行と法人取引があったり、カード会社と懇意にしている場合も、同様に審査をパスする確率がいくらか向上するようです。

また、法人カードは種類によって審査基準の高低に差があるので、審査基準が比較的緩やかなカード会社を選べば、会社の業績によって審査をクリアする可能性も出てきます。

審査基準が緩やかなカード会社

私自身の経験と周囲の評判から判断して、アメリカンエキスプレスの法人カードは比較的審査が緩やかです。

私も会社設立から1年未満でしたが問題なく審査に通りました。ただし、三井住友をはじめとした他のカード会社は片っ端から落ちました。

設立間もない法人で不安なかたは、アメックスの法人カードに申し込まれることをおすすめします。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード ⇒アメリカンエキスプレスの公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ドル両替.com All Rights Reserved.